-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-27 00:39 | カテゴリ:現実の彼
私と彼は付き合ってもないし、もちろん別れてもないです。

「なにかあったら、連絡して。折り返しかけるから。」と言われています。

連絡は取ろうとしたら取れます。

10日間の休みがあるから帰ってくるそうです。

「5月1日にスクールにおいで。」って。
スポンサーサイト
2010-04-25 23:55 | カテゴリ:不安なとき
不安な時は誰だってあります。
私だって、体調が崩れ、昨日は一日寝てました。

落ち込む日があってもいいんです。
立ち直れば。

そんな時、旧交流板をのぞいています。特に、マリン様と疾風様の発言はすごいです。
感動すると言うか、なるほどと思います。


潜在意識を信じられず不安な時


なかなか効果が出ない人をよってたかって援護するスレ



2010-04-25 09:42 | カテゴリ:今が大切。
異動をとめるためにもマーフィー本とか読み漁りました。

願いを叶えるためにも、今叶っている、うれしい、と感じることが大切みたいです。

状況がつらくても、自分の願望が叶って満たされていることを体で感じれるくらい

別の世界をイメージングやアファでつくり、それが現実を変えていくみたいです。


恋愛成就のためにも楽しみながらがんばりましょう。
思考は現実化します。
すべての基本は、自分が中心です。自分が決定するのです。
自分が現在の状況をつくり出しています。
だから、「私は~」と私が主体です。

イメージングもアファメーショは
「私は彼に愛されている。」と受身になることが基本形ではないかと思います。
私が追いかけるのではなく、彼が追いかけてくるような感じです。


イメージングで「私は彼に愛されていること」をより強く感じるためには
彼がめろめろになっていてくっつく状態等を体で強く感じるようにしています。
くっついてはなれない状態になるまで。
まるで、彼が初めて人を愛するくらいに。
仕事より何よりも彼が一番私のことを大切にしてくれる感じで。

彼に束縛されるよりは、彼が私のことを好きで好きで離れないような感じのほうがいいかもしれません。

バキュさんの瞑想法もやるし、イメージングもやっています。

自分が望む、生まれ変わった彼を体中で感じましょう。
2010-04-19 23:34 | カテゴリ:恋愛成就するために
この一月私は時折悩みました。

遠くに行こうとする彼。

私はイメージングやアファは頑張っていました。ポジティブにしているつもりでした。

だんだん彼のバイト先や住まいが決まるうちに、本当は焦ってました。きっと。

「行くわけないはずなのに。。何で?」

この2年間が走馬灯のように浮かんできて。

「あなたは、私を引きとめたくせに置いていくの?」

「また、異動までした私は馬鹿な女なの?」

遠方にいくのに胸弾ませる彼と対象になんだか惨め気分にもなったことがあります。

マーフィー本、ザシークレット等を読み漁りました。

私の心の奥底ではきっと自分を信じれていない、もしくは大切にしてなかったのではないかと思います。

自分を責めて、彼も責めてたのかもしれません。

自分を大切にできていないなら、彼を大切にすることも出来ないはずです。

ただ、これだけは最近思います。

「お母さん、産んでくれてありがとう。彼に出会うことが出来たから。」
初めてそう思うことが出来ました。そう思ったら、感謝の気持ちで涙がこぼれました。


好きになる人の年齢や距離なんて関係ないのです。

年齢や距離や社会的地位で好きになることはありませんよね。

好きになる気持ち。ただ、一緒にいたいという気持ちを大切にしていきたいですね。

今からでも遅くないのです。潜在意識にすべてを任せましょう。

上手くいくことを信じて。
2010-04-18 23:31 | カテゴリ:シンクロ
ファミレスで、ご飯を食べようとしたら、私の前の前の席に、彼のファンの女性がいました。
その後、私の前の席に彼のファンが来ました。3人揃ったことが不思議でした。

それから、彼の夢を見ました。彼と彼の友達が自転車で各地を回っていました。
その日、目の前のトラックに彼の苗字が。
職場でも、彼の苗字の子が以前に歯が取れてないことを言いに来てくれました。

その後、彼と同じ苗字のカメラマンさんを見ました。
名前のシンクロが起きました。

アファとイメージングを頑張ります☆
2010-04-18 23:14 | カテゴリ:現実の私
すっかりご無沙汰してすみません。

転勤したくはなかったので、泣きながら4月1日(朝まで)片づけをしました。
そして、新しい職場へ。
壮絶な毎日が始まりました。仕事で追われています。

大好きな彼とは、最後の土曜日のレッスンでみんなと握手してたけど、私は近寄れなくて。。
「りおさんは?(握手しなくていいの?)」で、首を振りました。
お別れの握手はしたくなかったからです。
その後、彼が近寄ってきて「何かあったら、テニススクールのフロントに連絡し。折り返し電話するから。」
と言ってきました。

その前日の金曜日に彼は、「バイトでも今のテニススクールの支店でお世話になるから、会員さんとは直接
連絡できない。どうしても、めちゃくちゃ好きな人ができたら、僕がテニススクールを辞める。」と言ってました。
でも、あんなに株主優待券は受け取れないと言っていたのに、直前に「やっぱり使っていい?。」と言ったし
現実の彼の言動には振り回されないようにします。

職場は変わり、彼は遠くに行くし、踏んだり蹴ったりで一時はどうしていいかわからなくなりました。
彼が遠くに行くなら、職場の近くに私が引っ越せばかわいい子どもたちと離れることはなかったし。。
私は自分を責めました。
でも、責めても現実はかわらないんですね。


やっと、今は、前を向いて潜在意識に任せ、歩いていこうと思います。

ただ、今の学校の先生の対応を見ていて、K市の子どもたちが大切に扱われてないのを感じたら
ちょっと考えるところはあります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。